ペンタックス645N@プロビアトライアル2009/11/07 13:02

ペンタックス645N@プロビアトライアル
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 645NⅡにオートフォーカスの不具合があったので返却したので、代わりに645Nを入手しました。その時点ではNⅡに良いものが無かったので標準レンズ(75mm)付きの645Nを入手したわけです。細かいことを言えばミラーアップの機能が無いとか機能的には多少劣りますが今のところ手持ち撮影のみなのでミラーアップは不要なので値段的にも安い645Nを選択しました。
 レンズは標準以外に45mm、120mmマクロを入手しました。ストロボも安いでものがあったのでAF-500-FTZを入手しました。他には太巻き用の220のフィルムホルダーもそろえました。これだと33枚撮れるのでほとんど35ミリカメラ感覚でつかえます。フィルムの値段も35mm用のものよりちょっと高いだけなので、これから出動の機会が増えると思います。フィルム面積が2倍以上あるのにほとんど値段が変わらない(富士のプロビアの場合)のはちょっと不思議ですね。パトローネの値段が高いのでしょうかね?
 以下の写真最初のものは標準75mm使用でストロボ撮影をしたものです。フィルムに焼き付けられたデータを見ると絞りはF8なんですけど、両脇のピントが甘いですね。結構近くで撮影しているの75mmだと焦点震度内に収まらないのでしょうね。もう少し絞り込まないとだめなのでしょうね。以下、45mmとマクロレンズを使った撮影例を添付しておきます。
 

標準75mm使用でストロボ撮影
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 以上標準75mm使用でストロボ撮影
 

45mm広角
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

45mm広角
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

45mm広角
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 以上45mm広角
 

120mmマクロ
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

120mmマクロ
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

120mmマクロ
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 以上120mmマクロ
 

45mm広角
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

45mm広角
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

45mm広角
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 以上45mm広角
 

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック