文字石@瀋陽北市場2019/09/27 19:01

文字石@瀋陽北市場
 瀋陽の北市場で見かけた、文字が書かれた石です。これは何に使うのでしょうか。売り物だとしても値段が書かれてないようですね。なぜなんでしょうか。

ラマ教の図像@北京雍和宮2019/08/15 18:30

ラマ教の図像@北京雍和宮
 ラマ教の図像です。曼荼羅とも異なるようですが、どんな意味があるのでしょうか?吸い込まれるような魅力がありますね。

これは何でしょう@北京ぶらぶら2019/07/27 10:22

これは何でしょう@北京ぶらぶら
 これは何でしょうかね。王府井で見かけた物体です。巨大なベルのようにも見えるのですが、どうなんでしょう。

<謎の両生類?>@紹興波音酒家2019/03/17 10:36

<謎の両生類?>@紹興波音酒家

<謎の両生類?>@紹興波音酒家

<謎の両生類?>@紹興波音酒家

<謎の両生類?>@紹興波音酒家

<謎の両生類?>@紹興波音酒家
 
  トップの写真は紹興の波音酒家で食した謎の両生類です。料理名は雪菜●○(●は獣偏に央、○は獣偏に茶です)湯です。紹興料理の本を見ると干菜蒸○●(○は獣偏に茶、●は獣偏に央です)という料理がありました、上に干菜とかが載っていて頭の一部しか見えないのですが、やはり普通の魚とは趣が異なります。残念ながらこの食材に関する説明がありませんので、詳しいことはわかりません。なお波音はボーイングの当て字です。お土産にボーイング767のイラストが入ったハンケチをいただきました。
 以下の料理は順番に火絲雀菜、古越糟鶏、臭豆腐干、雪菜●○(●は獣偏に央、○は獣偏に茶です)湯、光夭腿蒸です。


<謎の両生類?>@紹興波音酒家

<謎の両生類?>@紹興波音酒家

<謎の両生類?>@紹興波音酒家

<謎の両生類?>@紹興波音酒家

<謎の両生類?>@紹興波音酒家







お兄ちゃん@上海人民酒吧2018/02/03 12:04

お兄ちゃん@上海人民酒吧
 
 所ジョージかと思ったら上海のお兄ちゃんでした。








これは何でしょう@ライカで散歩2018/01/31 19:32

これは何でしょう@ライカで散歩
 
 仙台の街を歩いていたらこんなものを見かけました。何かの看板替わりなんでしょうが背景がわかるようなものが写っておりません。この次はもう少し注意して写真を撮るようにしましょう。  







乞丐@福州五四路2018/01/27 18:55

乞丐@福州五四路
 
乞丐@福州五四路
 
 乞丐(チーカイ)とは乞食のことですが、日本語の意味と少し違い大道芸人とか夜路上に立って商売するある種の女 の人達もこの中にいれているようです。
 写真は福州の外貿賓館の前に出没する乞食です。この辺りの乞食はまだ質がよくて少々のお金を与えると 向こうの方へ行ってくれるのですが、上海でうっかりお金を与えたら、もっとよこせとばかりにつかみかかられたので、 近くの高級ホテルへ駆け込んで難を逃れたことがあります。
 広州でも子供が現れて、「社長さん、パパとママが今日何の稼ぎも無かったらオマンマ抜きだよと僕を責める んだよ」と哀れな声で訴えるので、可哀相になってお金を与えたら、何処からわいて出るのか次から次と違う 子供がやってくるので、後ろ手にお金を渡しながら人込みの中を走って逃げたことが有ります。この時チラッ と後ろの方を見ると、鷹匠のような男が次々と子供たちに指示を与えているではありませんか、これも中国の伝統文化 なのかと思い、とても感動した記憶があります。
 いずれにしろ、中国で乞食に出会ったら無視するのが一番です。下手な仏心をおこしてひどい眼に会っても 私は知りませんよ!







西遊記@夢幻仙境神話世界2016/10/21 18:15

西遊記@夢幻仙境神話世界
 
 この物語は日本人でもわかりますよね。







白蛇伝@夢幻仙境神話世界2016/10/20 17:57

白蛇伝@夢幻仙境神話世界

白蛇伝@夢幻仙境神話世界
 
 これは白蛇伝だと思うのですがどうなんでしょうか?







博多どんたく風の男@夢幻仙境神話世界2016/10/19 18:26

博多どんたく風の男@夢幻仙境神話世界
 
 博多どんたく風のメークをした男です。これもどんなお話なのかは分かりません。