Carl Zeiss Sonnar T*85mmF2.8MMG+EOS20D@Y/Cマウントアダプター2011/10/01 11:34

Carl Zeiss Sonnar T*85mmF2.8MMG+EOS20D@Y/Cマウントアダプター
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 残念ながらこのレンズは5D MarkⅡのミラーと干渉するので、撮影は20Dで行いました。通常APS-Cのばあい焦点距離は1.5倍相当になるのですが、EOSの場合センサーが少し小さいようで1.6倍になります。従ってこのレンズは136㎜相当ですね。
 レンズの持ち味を論評する力はまだありませんが、ガラスの表面に映る微妙な陰影を写し撮る力はすごいものがあると思います。



Carl Zeiss Sonnar T*85mmF2.8MMG+EOS20D@Y/Cマウントアダプター
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

Carl Zeiss Sonnar T*85mmF2.8MMG+EOS20D@Y/Cマウントアダプター
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)






ブックスタンド@成都ぶらぶら2011/10/02 11:53

ブックスタンド@成都ぶらぶら
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 成都の街をぶらぶらしているときに見かけたブックスタンドです。表紙がちょっと華やかだったり、色っぽかったりするのですが、ページをめくってみると粗末なわら半紙に活字だけといったものがほとんどでした。89年当時から90年代初頭まではこんな按配でしたが、90年代も後半になると面目を一新して香港や台湾と比べてもそん色ないものが店頭に並ぶようになりました。






空軍タクシー@成都ぶらぶら2011/10/03 19:03

空軍タクシー@成都ぶらぶら
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 ここは空軍の経営しているタクシーのようです。しかし、中国の解放軍はホテルを経営したりとか色々やりますね。まー、中国人は金儲けの才能があるのでどこかの国の役人のように赤字を出すなんてことはないのでしょうね。






Canon EF28-70mmF2.8L USM+5D MarkⅡ2011/10/04 18:26

Canon EF28-70mmF2.8L USM+5D MarkⅡ
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

Canon EF28-70mmF2.8L USM+5D MarkⅡ
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 EOS 5D MarkⅡでいろいろとアダプター遊びをやてきたのですが、気がついてみると純正のレンズでまともなものはEF16-35mmF2.8L USMしか持っていません。これでは旅行などで普通に撮影するにしては広角にかたよりすぎています。そんなわけで世代が一つ前なので手ごろな値段のEF28-70mmF2.8L USMをゲットいたしました。これで超広角から中望遠の入り口ぐらいまでをカバーできます。
 撮影した写真を載せておきますが、ごらんのように旅行の記録用としては十分な性能を持っていると思います。それにしてもカメラとレンズをくっつけると図体が大きくなるし、重さのほうもかなりのものになりますね。もう一回り小さくなってくれないかなと思うのですが・・・。



Canon EF28-70mmF2.8L USM+5D MarkⅡ
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

Canon EF28-70mmF2.8L USM+5D MarkⅡ
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

Canon EF28-70mmF2.8L USM+5D MarkⅡ
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)






映画のセットのような建物2011/10/05 17:31

映画のセットのような建物
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

映画のセットのような建物
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 最近私の住んでるところで変わった建物を見かけたので、報告します。トップの写真で見るように正面はまともなんですけど、二枚目の写真のように横から見ると映画のセットを裏から見たような塩梅になります。もっと面白いことに二枚目の写真の反対側から見ると普通の建物に見えるのですね。誰が何の目的でこんなものを作ったのでしょうか?






成都武侯祠博物館@成都観光2011/10/06 17:57

成都武侯祠博物館@成都観光
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 三国志で有名な諸葛孔明および彼と関係のある人物の博物館です。以下の写真二枚目が諸葛孔明だと思うのですが本当のところはよくわかりません。89年当事はこういった文化財もあまり良くメンテナンスされてなかったようで、館内は暗く写真の像も肉眼では良く見えませんでした。ケースのガラスもかなり汚れていたかと記憶しています。あてずっぽうでストロボをたいて撮影したのですが、結構良く写っているので驚いています。



成都武侯祠博物館@成都観光
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

成都武侯祠博物館@成都観光
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

成都武侯祠博物館@成都観光
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)






岷山飯店@成都観光2011/10/07 19:16

岷山飯店@成都観光
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 89年当時成都で一番高級だったホテル岷山飯店です。昔からある対面の錦江賓館のほうが感じがいい上値段も安かったので、私は錦江賓館にとまることにいたしました。






SUMMICRON-M 50mmF2.0+ライカM92011/10/08 12:16

SUMMICRON-M 50mmF2.0+ライカM9
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 標準のズミクロン、まだM9では使っていなかったのを思い出したのでトライしてみました。シルバークロムの鏡胴がグレーペイントのボディーによくマッチしていますね。
 コダックのセンサーの青みがかった発色が素敵です。最初は違和感があったのですが、今では結構気に入ってます。



SUMMICRON-M 50mmF2.0+ライカM9
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

SUMMICRON-M 50mmF2.0+ライカM9
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

SUMMICRON-M 50mmF2.0+ライカM9
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

SUMMICRON-M 50mmF2.0+ライカM9
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)






マウントアダプターC/Y-LM JAPAN@Distagon T*28mmF2.8MMJ++ライカM92011/10/09 11:50

マウントアダプターC/Y-LM JAPAN@Distagon T*28mmF2.8MMJ++ライカM9
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

マウントアダプターC/Y-LM JAPAN@Distagon T*28mmF2.8MMJ++ライカM9
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 最近私の中でのヤシコンレンズに対する評価が高くなっているので、もっといろんなボディーで試してみようというわけでライカM用のアダプターを購入しました。ノーブランドですけどなぜかJAPANと表記されてます。アメリカからの送料込みで4,100円程度なので日本製ではないと思います。中国製とかそのあたりなんでしょうね。ただし、NEXとかマイクロフォーサーズ用だと2,000円程度なので、けして安くはありません。一眼レフの場合は無限さえ出ればフランジバックの調整はかなりいい加減でも実用上は問題ありません。それに対してレンジファインダーの場合は正確な調整が必要になります。値段がほぼ二倍というのはこのあたりの違いなんでしょう。JAPANの表記は一種のブランドでフランジバックをきちんと調整していますという宣言なんでしょう。試してみたところ、無限よりちょっと手前にピントがくるようですけど実用上は許容範囲かなと思っています。







成都餐庁@成都食べ歩き2011/10/10 12:03

成都餐庁@成都食べ歩き
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

成都餐庁@成都食べ歩き
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 89年当時の有名店成都餐庁で夕食です。といってもあまり客は入っていませんでした。食事の詳細は明日アップしますが、なまずの料理がおいしかったです。四川ではなまずは良く使われる食材なので本場に行かれる機会があったらトライしてみることをお勧めします。



成都餐庁@成都食べ歩き
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

成都餐庁@成都食べ歩き
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

成都餐庁@成都食べ歩き
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)