家郷小長春@福州西湖大酒店2016/05/09 18:23

家郷小長春@福州西湖大酒店
 
 豚肉から作った麺である燕皮で作ったワンタンです。皮の部分が燕皮になります。



家郷小長春@福州西湖大酒店

家郷小長春@福州西湖大酒店









西汁七星片@福州西湖大酒店2016/05/10 18:40

西汁七星片@福州西湖大酒店
 
 雷魚の仲間の料理です。雷魚は広東語では生魚です。雷魚の切り身は生魚片ですが標準の中国語では刺身の意味になるのでまぎらわしいですね。ここでは七星が雷魚の意味です。体側に星のような斑点が七個あるのでこう呼ばれているようです。






炒花瓶菜@福州西湖大酒店2016/05/11 18:10

炒花瓶菜@福州西湖大酒店
 
 チンゲン菜の炒め物です。福州では花瓶の形に似ているのでチンゲン菜を花瓶菜と呼んでいます。同じ野菜でも地方によって名前が異なるので厄介ですね。






星州炒米粉@福州西湖大酒店2016/05/12 18:25

星州炒米粉@福州西湖大酒店
 
 トップ右側は星州炒米粉(シンガポール米粉)です。以下は椒塩排骨です。



星州炒米粉@福州西湖大酒店







福到了@福州西湖大酒店2016/05/27 17:56

福到了@福州西湖大酒店

福到了@福州西湖大酒店
 
 西湖大酒店のレストランの入り口です。看板の福の字がさかさまになってます。この状態を中国語で「福到了」と言いますが発音が「福到了」と同じです。一見縁起が悪そうな看板ですが福が来るという意味になるので中国人にとってはとても縁起が良いことになるようです。







酒吧@福州西湖大酒店2016/05/28 11:18

酒吧@福州西湖大酒店

酒吧@福州西湖大酒店
 
 泊まったホテルのバーです。福州のレストラン情報など、お店の人に聞いてみました。



酒吧@福州西湖大酒店

酒吧@福州西湖大酒店

酒吧@福州西湖大酒店









羊城美點@福州西湖大酒店2016/05/29 11:47

羊城美點@福州西湖大酒店
 
 広東飲茶です。羊城は広州のことです。



羊城美點@福州西湖大酒店

羊城美點@福州西湖大酒店








FUJICA ST801@M42ワールド2016/05/30 17:59

FUJICA ST801@M42ワールド

FUJICA ST801@M42ワールド

FUJICA ST801@M42ワールド
 
 ベッサフレックスTMの露出計が不安定なので代わりのボディーを探していたところ、FUJICA ST801が目につきました。仕様などを調べたところ本機あたりが適当かなということで入手してみました。70年代に入ってからのカメラなので露出計も信頼できそうですし、シャッター速度も1/2000まであるのでベッサとほぼ同等の機能で使えます。しっかりしたメーカーのものなので作りはベッサよりずっといいと思います。ただ、LEDの表示が1スッテプ間隔なのでちょっと使いづらいですね。72年当時ではまだこんな程度だったのかのとも思っています。
 フィルムはフジの業務用ISO100、レンズはイエナのTESSAR50mmF2.8です。



FUJICA ST801@M42ワールド

FUJICA ST801@M42ワールド

FUJICA ST801@M42ワールド










RE Auto-Topcor 25mmF3.5@東京光学2016/05/31 18:41

RE Auto-Topcor 25mmF3.5@東京光学

RE Auto-Topcor 25mmF3.5@東京光学
 
 トプコンのレンズ今回はRE Auto-Topcor 25mmF3.5です。独特の形状のフードが素敵です。この当時のトプコンのフードは凝ったものが多くニコンあたりよりずっと魅力的です。ただし、値段もライカなみなのでご覧のようなくたびれたものしか買えませんでした。
 ボディーはSUPER D、フィルムはフジの業務用ISO100です。



RE Auto-Topcor 25mmF3.5@東京光学

RE Auto-Topcor 25mmF3.5@東京光学

RE Auto-Topcor 25mmF3.5@東京光学