ライカMマウント@HEXAR RF2010/05/08 13:31

ライカMマウント@HEXAR RF
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)
 
 コシナ・フォクトレンダーのツァイスイコンを調べていたらコニカが作ったライカMマウントのHEXAR RFというカメラがあることを知りました。このカメラ、絞り優先オートがつかえるので、マニュアルフォーカスでコンタックスGを使うような感覚で撮影が出来ます。もちろんファンダーは二重像合致方式の立派なものがついているのでコンタックスとは異なります。コンタックスの場合G,G2とも独自のフォーカスエイドというか棒グラフのようなものが右に伸びたり、左に伸びたりして、最短になったところで合焦といったものです。これではあまり使いたくなりませんね。
 HEXAR RFの軍幹部右側はコンタックスG2によく似ています。露出補正ダイアルとかシャッタースピードダイアルの配置とか操作方法ですね。シャッター速度も4000分の1秒まであるので最近の感度の高いフィルムでも問題なく撮影できます。ライカ系のレンズはこれで撮影することが多くなるのかなと思っています。
 以下に赤エルマーで撮影したものを添付しておきます。なをフィルムはエクターです。


ライカMマウント@HEXAR RF
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

ライカMマウント@HEXAR RF
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)