滑炒飛龍@鑫鑫酒楼2019/10/21 19:38

滑炒飛龍@鑫鑫酒楼

滑炒飛龍@鑫鑫酒楼

滑炒飛龍@鑫鑫酒楼
 
 瀋陽は清朝の開祖ヌルハチの故郷のため、清朝の歴代皇帝が里帰りすると好んで食べたものに東北三大名菜があります。
 まず最初は四不像(この字でいいのでしょうか?)と言っているやつだと思う のですがハンダハン(ヘラ鹿)の鼻でこれは動物園に居るのを殺すのでとても高いです。
 次は、皆さんご存じの熊掌(熊の手のひら)でこれも当時で日本円で2万円くらいしました。
 3番目が、上の写真二枚目左手前の飛龍で雷鳥の一種です。日本で食べるとお巡りさんに捕まります。これは先の2つ ほどは高くないのですがそれでもホテル一泊分ぐらいのの値段はします。
 ちなみに、トップの料理の正式な名前は「滑炒飛龍」といいます。
 以下の料理は順番に豚脂身のスープ、清蒸す鳳尾冬磨です。


滑炒飛龍@鑫鑫酒楼

滑炒飛龍@鑫鑫酒楼

滑炒飛龍@鑫鑫酒楼

滑炒飛龍@鑫鑫酒楼

滑炒飛龍@鑫鑫酒楼