魚介類の練りもの@汕頭朝市2013/12/01 11:48

魚介類の練りもの@汕頭朝市

 朝市で見かけた魚介類の練りものです。こういったものは潮州料理には欠かせない食材です。イカ団子(墨斗丸)とかエビ団子(蝦丸)とか色々あって見てるだけで楽しいですね。



魚介類の練りもの@汕頭朝市

魚介類の練りもの@汕頭朝市






豆腐屋さん@汕頭朝市2013/12/02 19:18

豆腐屋さん@汕頭朝市

 朝市で見つけた豆腐屋さんです。豆腐ならやはりこういったものを食べたいですね。スーパーやデパートで売っているプリンみたいなものは苦手です。






ライカR7入手しました@トライX4002013/12/03 19:01

ライカR7入手しました@トライX400

 ライカの一眼ではSL2とR8を持っているのですが、SL2はちょっと古すぎるしR8はでかすぎて扱いにくいです。そんなわけでミノルタが技術供与した中期のもを一台と思っていました。最初は完全機械式のR6とかR6.2と思っていたのですが、両方とも入手してみたところ残念ながら露出計に不具合があり返品と相成りました。そんなわけで比較的新しいR7を入手してみました。
 撮影例はトライX400のD76現像です。レンズは初期型ズミクロン35mmF2.0 9枚玉です。



ライカR7入手しました@トライX400

ライカR7入手しました@トライX400

ライカR7入手しました@トライX400








Edixa Prismat LTL@M42ワールド2013/12/04 18:47

Edixa Prismat LTL@M42ワールド

 一眼レフというと東独が有名ですが、今回はちょっと珍しい西独の一眼です。本来はEdixa 独特のバイヨネットマウントがあるようですが私が入手したものは東独が生み出したユニバーサルマウントのM42のものです。生産は1968年です。終戦直後から50年代末までは東独が一眼レフ王国だったのですが、60年代に入るとこの地位はすでに日本へと移っておりました。
 一応絞り込み測光ですがTTL測光が出来ます。絞り込み用のレバーはレンズの向かって右側についています。残念ながら写真ではレンズの陰に隠れて見えません。絞り値を設定してレバーを押して軍幹部右側上のダイヤルを回してシャッター速度を決めます。その値をシャッターにうつして撮影します。というわけで残念ながらシャッターとは連動していません。ここまで作りこんであるので連動も可能ではとも思うのですが・・・。問題はシャッターが旧式で高速系と低速系に分かれています。このあたりが連動させられない原因かなと推測しています。
 撮影例はアクロス100のD76現像です。レンズはISCO社のEDIXA WESTROMAT 50mm F1.9です。



Edixa Prismat LTL@M42ワールド

Edixa Prismat LTL@M42ワールド

Edixa Prismat LTL@M42ワールド

Edixa Prismat LTL@M42ワールド







Steinheil Munchen Auto-Tele-Quinar 135mmF3.5+Canon new-F1@エキザクタ復興計画2013/12/05 19:05

Steinheil Munchen Auto-Tele-Quinar 135mmF3.5+Canon new-F1@エキザクタ復興計画

Steinheil Munchen Auto-Tele-Quinar 135mmF3.5+Canon new-F1@エキザクタ復興計画

 今回はエキザクタマウントのSteinheil Munchen Auto-Tele-Quinar 135mmF3.5をアダプタ経由でCanon new-F1に装着してみました。このメーカーのシルバークロームの美しさは工芸品を思わせます。
 撮影例はT-max100のD76現像です。



Steinheil Munchen Auto-Tele-Quinar 135mmF3.5+Canon new-F1@エキザクタ復興計画

Steinheil Munchen Auto-Tele-Quinar 135mmF3.5+Canon new-F1@エキザクタ復興計画

Steinheil Munchen Auto-Tele-Quinar 135mmF3.5+Canon new-F1@エキザクタ復興計画

Steinheil Munchen Auto-Tele-Quinar 135mmF3.5+Canon new-F1@エキザクタ復興計画

Steinheil Munchen Auto-Tele-Quinar 135mmF3.5+Canon new-F1@エキザクタ復興計画

Steinheil Munchen Auto-Tele-Quinar 135mmF3.5+Canon new-F1@エキザクタ復興計画

Steinheil Munchen Auto-Tele-Quinar 135mmF3.5+Canon new-F1@エキザクタ復興計画

Steinheil Munchen Auto-Tele-Quinar 135mmF3.5+Canon new-F1@エキザクタ復興計画

Steinheil Munchen Auto-Tele-Quinar 135mmF3.5+Canon new-F1@エキザクタ復興計画







Summaron 35mmF3.5+Zeiss Ikon@ゴミ屋敷現像所2013/12/06 19:22

Summaron 35mmF3.5+Zeiss Ikon@ゴミ屋敷現像所

 今回はSummaron 35mmF3.5をZeiss Ikonに装着して撮影してみました。距離計のないカメラなので外付けファインダーで目測撮影になります。
 撮影例はTry-X400のD76現像です。



Summaron 35mmF3.5+Zeiss Ikon@ゴミ屋敷現像所

Summaron 35mmF3.5+Zeiss Ikon@ゴミ屋敷現像所


Summaron 35mmF3.5+Zeiss Ikon@ゴミ屋敷現像所

Summaron 35mmF3.5+Zeiss Ikon@ゴミ屋敷現像所

Summaron 35mmF3.5+Zeiss Ikon@ゴミ屋敷現像所

Summaron 35mmF3.5+Zeiss Ikon@ゴミ屋敷現像所







腸粉@汕頭中旅酒家2013/12/07 12:27

腸粉@汕頭中旅酒家

 スワトウのホテルでの朝の飲茶です。トップは腸粉で広東の代表的な朝食です。
 中国料理名菜譜によると腸粉は<もとの名は猪腸粉で、形が豚の腸に似ているのでこのように名づけられた。広州では大衆のふだんの朝食である。以前はあらかじめ作っておいて、食べるときに蒸しなおしていたが、この十数年来造りながら売るようになった。もちの中に各種の肉類がはいるようになって(すなわち牛肉腸粉、猪肉腸粉、魚片腸粉、滑鶏腸粉など)、多くの人に好まれている。>とのことです。



腸粉@汕頭中旅酒家

腸粉@汕頭中旅酒家

腸粉@汕頭中旅酒家







中旅酒家@汕頭観光2013/12/08 11:40

中旅酒家@汕頭観光

 スワトウで宿泊した中国旅行社のホテルです。香港で一泊だけ予約したのですが最初に泊まった部屋は掃除もされておらずかなりひどい状態でした。部屋で煮炊きするなと注意書きがしてあるのですが、明らかに煮炊きした跡があります。要するに里帰りした華僑たちが住みついているといたといった感じの部屋です。窓からは物干し竿がつきだされていてあたかも香港の裏町といった眺めです。
 仕方がないので一泊だけその部屋で過ごして、翌日写真のもっと良い部屋に変えてもらいました。最初に泊まった部屋はサービス料無しとのこと。要するに自分で掃除などをやってくださいというわけなんでしょうね。かえてもらった部屋はホテルのトップフロアにあって部屋代が少し高くて、サービスチャージが10%でした。それでもトータルで日本円が3,000円しなかったと記憶しています。



中旅酒家@汕頭観光

中旅酒家@汕頭観光






Nikon F2+NIKKOR 50mmF1.2AI@コダックProFoto XL2013/12/09 19:16

Nikon F2+NIKKOR 50mmF1.2AI@コダックProFoto XL

Nikon F2+NIKKOR 50mmF1.2AI@コダックProFoto XL

Nikon F2+NIKKOR 50mmF1.2AI@コダックProFoto XL

 ニコンDfというレトロな外観のデジカメが発売されました。外観がレトロなだけでなくAI以前の古いレンズも装着できるようです。ということはFとかF2の時代のレンズがデジタルでも使えるというわけですね。銀塩でもF5以降はニコンさんが切り捨てたレンズが使えるということです。
 というわけでDfを入手というわけには値段の関係でいかないので、F2を入手してみました。残念ながらAI以前のレンズは持ってないので撮影に使ったのはNIKKOR 50mmF1.2AIです。フィルムはコダックのProFoto XLです。



Nikon F2+NIKKOR 50mmF1.2AI@コダックProFoto XL

Nikon F2+NIKKOR 50mmF1.2AI@コダックProFoto XL

Nikon F2+NIKKOR 50mmF1.2AI@コダックProFoto XL

Nikon F2+NIKKOR 50mmF1.2AI@コダックProFoto XL

Nikon F2+NIKKOR 50mmF1.2AI@コダックProFoto XL

Nikon F2+NIKKOR 50mmF1.2AI@コダックProFoto XL

Nikon F2+NIKKOR 50mmF1.2AI@コダックProFoto XL

Nikon F2+NIKKOR 50mmF1.2AI@コダックProFoto XL

Nikon F2+NIKKOR 50mmF1.2AI@コダックProFoto XL

Nikon F2+NIKKOR 50mmF1.2AI@コダックProFoto XL








FUJICOLOR C200@テスト用フィルム2013/12/10 19:00

FUJICOLOR C200@テスト用フィルム

 今までテスト用に使っていたProFoto XLが入手できなくなくなったので、よさそうなものを探していたところフジの逆輸入品の安いものがあったので入手してみました。36枚撮り10本、送料込みで2080円です。感度がISO200はちょっと珍しいですかね。そういえばフジでは昔ネオパンSSSというASA200(ISO200相当)のフィルムを出していたのでこういうものがあっても不思議ではなさそうですね。むしろ日本人の感覚ではポートラのISO160の方がちょっと不自然に感じます。そういえばライカM9の標準も160でしたね。