ライカR8テスト報告@コダック・ゴールド1002012/07/01 11:36

ライカR8テスト報告@コダック・ゴールド100

 前回ダークレス現像の結果をアップしましたが今回はコダック・ゴールドで撮影したものです。このフィルムは24枚撮りで198円と手ごろなのでテスト用にはもってこいですね。
 前回報告したように評価測光を使うとオーバー気味に出ることがあることを今回も確認しました。この点はR9では改善されているようですがR8を使う場合はしかたがないことですね。当面は全体測光とスポット測光を使っていこうかなと思っています。評価測光を使う場合はDXではなくISOの設定で感度を高めに設定して逃げるのかなと思っています。
 最初は3カムのレンズの場合はマニュアルと絞り優先しか使えないと思っていたのですがこれは勘違いだったようです。絞りを最小にしていなかったため動きがおかしかっただけでした。見かけ上はROMのレンズも3カムのものもまったく同じ感じで使えます。情報が少ないのでよくわからないところもあるのですがネットの情報ではストロボTTL時の距離情報伝達ができるところがROMの優位点のようです。これだけだったら何も高い値段のROMレンズを買う必要もないかなと思ってしまいます。特に私の場合はEOSでデジタル撮影するほうが多いと思うのでなおさらですね。更にデジタルではM9やGXR、NEXなどでも使えるようアダプターを用意しています。
 撮影例最初の2枚はエルマリート28㎜F2.8(3カム)、最後の1枚はアポ・マクロ・エルマリート100㎜F2.8(ROM)です。



ライカR8テスト報告@コダック・ゴールド100

ライカR8テスト報告@コダック・ゴールド100


ライカR8テスト報告@コダック・ゴールド100







コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック