開水白菜@成都小城餐庁2012/05/04 17:57

開水白菜@成都小城餐庁

開水白菜@成都小城餐庁

開水白菜@成都小城餐庁

 トップの写真はこの店の名菜開水白菜です。四川省は冬場になると霧が立ちこめるため、温室効果がはたらいて真冬でも気候が温暖なので色々な野菜が取れます。 しかし、白菜の味は日本の物と大差なくそれほど美味しくはありません。
 そんな訳で、純粋に白菜の味を見るこう言った料理が有るのはちょっと変かなと思っていたのですが、 調べてみると、この料理は四川の名厨子が清朝の宮廷料理を作るために北京に招聘されていたときに、 味の良い北京の白菜を使って開発したものだということが判りました。
 写真ではちょと色がついてますが、良くできたものはまるでお湯(開水)のように透き通った清湯の中に白菜のクリーム色をした先端部分だけを切って入れるというとても凝った料理です。 一見質素に見えながら、その実練達した調理師の技と厳選した材料が必要になるこの料理は四川料理の精華といわれています。



開水白菜@成都小城餐庁

開水白菜@成都小城餐庁

開水白菜@成都小城餐庁

開水白菜@成都小城餐庁

開水白菜@成都小城餐庁