生煎饅頭@上海19862011/12/27 15:35

生煎饅頭@上海1986

 初めて上海へ行ったときに自由市場で見かけた生煎饅頭です。当事はどんなものか判らなかったので上海たこ焼きなどと勝手に呼んでいました。見掛けはたこ焼きにそっくりですね。実際は小籠包を焼いたようなものなので日本では焼き小籠包などと呼んでいる店もあるようです。ただし皮に発酵させた生地をつかっているのでやはり饅頭なんでしょうね。香港では生煎包と呼ばれています。
 写真の店は友聯のようです。当事はかなり有名な店だったようで行列が半端ではありませんでした。購入は無理そうなので向かえの店でナズナのたっぷり入った素菜包(精進饅頭)を購入いたしました、日本円で一個2円ぐらいでしたがホテルの朝食よりずっとおいしかったと記憶しております。