扒焼整猪頭@揚州三頭宴もどき2010/10/03 11:59

扒焼整猪頭@揚州三頭宴もどき
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 扒焼整猪頭、やっぱりこれが一番の度迫力ですね。猪頭の下には大量の豆苗がしいてありました。

 以下中国名菜譜からの引用です:
 言い伝えによると、清朝の乾隆年間に揚州の痩西湖にある法海寺の蓮性和尚が煮た豚の頭がたいへんおいしく、客はみな喜んで食べた。当時はまた次のような歌謡も流行した。「緑揚城の坊さんは生ぐさものは食べないが、焼猪頭は専門だ。値段は仏像二体が買えるくらいの銀貨とか。痩西湖上で有名だけど、秘訣は誰にも知らせない。」ところが、鄔という精進料理の調理師が蓮性和尚としりあいになってやっとこの料理にについて教えを受けることができ、後世まで伝えられたという。


扒焼整猪頭@揚州三頭宴もどき
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

扒焼整猪頭@揚州三頭宴もどき
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

扒焼整猪頭@揚州三頭宴もどき
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)