乾隆水上遊覧線@揚州痩西湖公園2010/07/10 13:38

乾隆水上遊覧線@揚州痩西湖公園
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

乾隆水上遊覧線@揚州痩西湖公園
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

乾隆水上遊覧線@揚州痩西湖公園
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 揚州で購入した地図を見ると西湖の中には乾隆水上遊覧線というものが明記されています。美食家で有名な清朝の乾隆皇帝がこのあたりで舟遊びをしたのでしょうね。


乾隆水上遊覧線@揚州痩西湖公園
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

乾隆水上遊覧線@揚州痩西湖公園
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

乾隆水上遊覧線@揚州痩西湖公園
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

乾隆水上遊覧線@揚州痩西湖公園
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人) 

白塔@揚州痩西湖公園2010/07/11 12:19

白塔@揚州痩西湖公園
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 この白塔も揚州痩西湖公園 での見ものの一つです。北京の北海公園にも白塔がありますがこのあたりからも清朝の皇帝が南巡してこの地を訪れていたことが感じられますね。実際乾隆皇帝がここの景色は北海公園に似ているのに白塔が無いのが寂しいといったところ、揚州の金持ちが一夜にして塩で白塔を作ったという言い伝えがあるそうです。


五亭橋@揚州痩西湖公園2010/07/12 18:57

五亭橋@揚州痩西湖公園
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 西湖で私が一番気に入っているのはここ五亭橋です。地図を見ると他にも二十四橋とか色々とあるようなのですがどうも私は花より団子のほうなので写真を撮っていないようです。すいません。


五亭橋@揚州痩西湖公園
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

五亭橋@揚州痩西湖公園
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人) 

中国射的@揚州観光2010/07/13 18:26

中国射的@揚州観光
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 西湖からの帰りに見かけたものです。トップの写真は輪投げかなんかで商品をとるのかとも思ったのですが、ピストルのようなものが写っているのでタグのついた標的をたおして商品をゲットするのでしょうか。
 以下の写真は潮州料理のレストランです。潮州料理は広東のローカル料理で香港では結構見かけますが他の地区では珍しいですね。


中国射的@揚州観光
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人) 

蜂の子オムレツ@揚州賓館2010/07/14 19:00

蜂の子オムレツ@揚州賓館
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 揚州賓館で食した蜂の子オムレツです。最初は信州なんかで食べている小さい蛆状のものが使われているのかなと思ったのですが、ごらんのようなものが出てきてちょっと引いてしまいました。後で考えてみると料理名に「蛹(さなぎ)」の字が使われていたのでまあこうなんでしょう。
 中国の漢方の考え方では生命の一番輝くときを捕らえて食すと効果が大きいというのがあるようです。羽化する寸前が一番いいということなんでしょうね。まー、蜂ぐらいだとまだいいのですが蝉だと私なんかは完全にアウトですね。


蜂の子オムレツ@揚州賓館
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

蜂の子オムレツ@揚州賓館
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人) 

荷包鯽魚@揚州賓館2010/07/15 18:45

荷包鯽魚@揚州賓館
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 荷包鯽魚は代表的な揚州料理でフナのお腹に肉などの詰めも物をして煮込んだものです。別名蔵肉鯽魚とか懐胎鯽魚ともいうようです。中国料理の名前は面白いですね。


揚州菜@揚州賓館2010/07/16 18:50

揚州菜@揚州賓館
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 蜂の子オムレツ、荷包鯽魚と一緒に食した料理です。青菜は青梗菜でこのあたりの特産です。梅林青菜が有名です。他には干絲、獅子頭とか三丁包子など揚州菜の定番がならんでます。味の方は西園飯店よりはましですがもう一つぱっとしませんでした。


揚州菜@揚州賓館
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

揚州菜@揚州賓館
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

揚州菜@揚州賓館
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

安豆苗炒山鶏片@三福源酒楼2010/07/17 12:12

安豆苗炒山鶏片@三福源酒楼
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

安豆苗炒山鶏片@三福源酒楼
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 トップの写真は安豆苗炒山鶏片といってきじの手羽肉の切り身とえんどう豆の若葉(豆苗)を炒めたものです。揚州名菜のひとつですけど日本ではまずおめにかかれませんね。
 次の写真のかたはここ三福源酒楼の社長さんです。揚州に来てまだまともな料理にお目にかかってないと不満を言ったところ、では私が本物の揚州菜を食べさせてあげましょうと言ってくれました。そんなわけでこの店ではずいぶんといい思いをさせていただきました。
 以下の料理は順番に水晶肴肉と清燉獅子頭です。水晶肴肉は豚の腿肉の塩漬けです。ここのものはゼラチン質が多くとても綺麗です。
 清燉獅子頭は日本の中華料理店では中華風ハンバーグなんて名前を付けて売られているやつで、香港 の揚州系料理店も含めて一般的に出されているのは「紅焼獅子頭」、要するに醤油で煮込んだものです。こちらの方は薄い塩味を付け、土鍋に入れて封印をしてとろ火で2時間蒸煮にしたものです。ここのコックさんの話では、丁度2時間蒸煮にすると硬さ、粘りけ、光沢を最良の状態にもって来れるそうです。


安豆苗炒山鶏片@三福源酒楼
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

水晶肴肉
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

清燉獅子頭
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

揚州三福源酒楼2010/07/18 12:11

揚州三福源酒楼
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 トップの写真は西園飯店の特級厨子の息子さんです。この店は全員とあったわけではありませんが中堅から若手ぐらいのコックさんが料理を作っていたようです。揚州は中国でも料理の水準の高いところで全国的に有名な厨子がたくさんいるようです。これも乾隆皇帝の時代からの伝統があるからなんでしょう。
 また、このときの社長さんは第一招待所からきていましたが、翌年再訪したときには香港の新華社付きの厨子出身のかたが社長になっていました。


揚州三福源酒楼
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

揚州三福源酒楼
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

砂鍋の屋台@揚州食べ歩き2010/07/19 13:02

砂鍋の屋台@揚州食べ歩き
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 三福源で食事をした後、ホテルへ帰る途中で見かけた砂鍋の屋台です。正式にはなんと呼ぶのかは判りませんが美味しそうですね。


砂鍋の屋台@揚州食べ歩き
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

砂鍋の屋台@揚州食べ歩き
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)