コンタックスマウント@ベッサR2C2010/05/01 13:09

コンタックスマウント@ベッサR2C
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 Cマウントのベッサ入手しました。ベッサフレックスの絞込測光レバーの作りのあまりの安っぽさにコシナ・フォクトレンダーの私の中でのの評価はかなりひどいものだったのですが、ベッサTへリア101記念モデル購入以来見方をがらりと変えました。意外なほどTの作りがよかったということですね。
 それにしてもコンタックスRFマウントのカメラなんて、どれだけ売れるかわからないものをだすなんて、コシナさんにはあらためて敬意を表したいと思います。
 ニコンSマウント用のR2Sも有るようですがこちらは生産終了とのこと。ちなみにコンタックスとニコンSとはマウントの形状は同じですが、フランジバックが多少異なるようで標準より長めの玉では近距離での合焦に問題が出るようです。



プロミネント・ノクトン+ベッサR2C@PROMINENT STANDARD LENS ADAPTER RING2010/05/02 12:01

プロミネント・ノクトン+ベッサR2C@PROMINENT STANDARD LENS ADAPTER RING
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 コンタックス用のレンズとしてはビオゴンのように魅力的なものを持っているわけではないので、Cマウントのベッサを入手したのは今回のお題のようにアダプターリングを介してプロミネント・ノクトンを使ってみようというのが第一の目的です。このアダプターを使うと旧フォクトレンダー製プロミネントの標準レンズは統べてつかえます。手持ちのウルトロンも魅力的なレンズなのでこちらも積極的に使って行きたいですね。
 試写した結果を以下に添付しておきます。フィルムは統べてエクターです。順番にベッサで撮影したもの、ノクトン+プロミネントⅡで撮影したものとウルトロン+プロミネントⅠで撮影したものです。


 以下プロミネント・ノクトン+ベッサR2C+PROMINENT STANDARD LENS ADAPTER RINGで撮影したもの

プロミネント・ノクトン+ベッサR2C@PROMINENT STANDARD LENS ADAPTER RING
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

プロミネント・ノクトン+ベッサR2C@PROMINENT STANDARD LENS ADAPTER RING
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

プロミネント・ノクトン+ベッサR2C@PROMINENT STANDARD LENS ADAPTER RING
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

プロミネント・ノクトン+ベッサR2C@PROMINENT STANDARD LENS ADAPTER RING
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)


 以下ノクトン+プロミネントⅡで撮影したもの

ノクトン+プロミネントⅡ
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

ノクトン+プロミネントⅡ
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

ノクトン+プロミネントⅡ
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

ノクトン+プロミネントⅡ
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

ノクトン+プロミネントⅡ
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)


 以下ウルトロン+プロミネントⅠで撮影したもの

ウルトロン+プロミネントⅠ
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

広州から香港へ@広州観光2010/05/03 13:04

広州から香港へ@広州観光
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

広州から香港へ@広州観光
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 色々とありましたけど今回の旅行も終わりが近づいてきました。広州の白雲機場から飛行機に乗って香港へと出ました。距離が近いので滞空時間は15分ぐらいですかね。あっという間です。早朝の白雲機場ではインド人がいっぱいいてちょっと不気味でありました。ホテルに泊まるお金が無いのか飛行場で寝泊りしていらっしゃるような方がたくさんおりましたね。


広州から香港へ@広州観光
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

広州から香港へ@広州観光
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人) 

市場?@香港世界2010/05/04 18:02

市場?@香港世界
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 広州から香港へもどってきてその辺をぶらぶらしてみました。以下の写真最初の二枚、チムサッチョイの近くだと思うのですが市場というか問屋街みたいなところがありました。まーこういったところが香港らしいところで結構好きなんですけど、いまでも残っているのでしょうか?


市場?@香港世界
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

市場?@香港世界
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

市場?@香港世界
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

市場?@香港世界
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

上湯雲呑麺@香港麥文記麺家2010/05/05 12:17

上湯雲呑麺@香港麥文記麺家
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

上湯雲呑麺@香港麥文記麺家
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 香港に出て最初の昼飯は上湯雲呑麺です。以下の写真で判るように雲呑が上にのっていませんね。香港ではだいたいこのスタイルだと思うのですが、最初に雲呑をいれてから上に麺を載せています。味の方も人工的な味付けが勝ち気味なほかの店とは異なって素直な味付けで好感の持てるものでした。


上湯雲呑麺@香港麥文記麺家
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

上湯雲呑麺@香港麥文記麺家
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

チムサチョイ界隈@香港世界2010/05/06 18:21

チムサチョイ界隈@香港世界
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

チムサチョイ界隈@香港世界
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 香港についてからぶらぶらしたとき撮影した写真です。近代的で綺麗な香港より写真のように空に向かってスラムがそびえている雰囲気のほうが香港世界といった感じで好きですね。


チムサチョイ界隈@香港世界
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

チムサチョイ界隈@香港世界
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

チムサチョイ界隈@香港世界
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

チムサチョイ界隈@香港世界
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

ズミクロン50mmF2+ベッサT@イルフォードXP22010/05/07 18:11

ズミクロン50mmF2+ベッサT@イルフォードXP2
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 第四世代と新しいものなので敬遠気味だったズミクロン50mmF2、久しぶりにベッサTで使ってみました。レンズが新しいものなので仕上がりはかなりシャープになっていますがイルフォードXP2を使ったせいかコダックの同等品よりしっとりとした優雅な雰囲気をかもし出しているように感じられます。


ズミクロン50mmF2+ベッサT@イルフォードXP2
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

ズミクロン50mmF2+ベッサT@イルフォードXP2
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

ズミクロン50mmF2+ベッサT@イルフォードXP2
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

ライカMマウント@HEXAR RF2010/05/08 13:31

ライカMマウント@HEXAR RF
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)
 
 コシナ・フォクトレンダーのツァイスイコンを調べていたらコニカが作ったライカMマウントのHEXAR RFというカメラがあることを知りました。このカメラ、絞り優先オートがつかえるので、マニュアルフォーカスでコンタックスGを使うような感覚で撮影が出来ます。もちろんファンダーは二重像合致方式の立派なものがついているのでコンタックスとは異なります。コンタックスの場合G,G2とも独自のフォーカスエイドというか棒グラフのようなものが右に伸びたり、左に伸びたりして、最短になったところで合焦といったものです。これではあまり使いたくなりませんね。
 HEXAR RFの軍幹部右側はコンタックスG2によく似ています。露出補正ダイアルとかシャッタースピードダイアルの配置とか操作方法ですね。シャッター速度も4000分の1秒まであるので最近の感度の高いフィルムでも問題なく撮影できます。ライカ系のレンズはこれで撮影することが多くなるのかなと思っています。
 以下に赤エルマーで撮影したものを添付しておきます。なをフィルムはエクターです。


ライカMマウント@HEXAR RF
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

ライカMマウント@HEXAR RF
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

越南菜(ベトナム料理)@香港金牛苑2010/05/09 12:11

越南菜(ベトナム料理)@香港金牛苑
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

越南菜(ベトナム料理)@香港金牛苑
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 今までさんざん中国料理を食してきたので最後は変わったところでベトナム料理をトライしてみました。まーフランスの影響を受けているとは言うものの中国と地続きなのでかなり広東料理っぽいところがあります。逆に香港あたりの広東料理は他の地域の中国料理から見ると、東南アジア料理といって雰囲気がありますね。
 今回食したものは順番に椰盅●海鮮飯(●は火偏に局です)、越南春巻、南乳焼鶏です。南乳焼鶏はテイクアウトして機内で食しましたが機内食とはレベルが違いすぎて機内食がかすんでしまいました。


越南菜(ベトナム料理)@香港金牛苑
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

椰盅●海鮮飯(●は火偏に局です)
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

越南春巻
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

南乳焼鶏
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

南乳焼鶏
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

YMCA@香港チムサチョイ2010/05/10 17:16

YMCA@香港チムサチョイ
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

YMCA@香港チムサチョイ
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 当時ペニンシュラーの隣に新規開店したYMCAに泊まってみました。YMCAといってもごらんのように内装も立派なものなので安めのホテルと変わらない値段でした。まー、重慶マンションは一回泊まればもう結構ということですね。


YMCA@香港チムサチョイ
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

YMCA@香港チムサチョイ
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

YMCA@香港チムサチョイ
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)