ニコンF6+MV-1データリーダ2009/12/03 19:11

ニコンF6+MV-1データリーダ
↑:クリックで拡大します

 F5とかF100用にMC-33ケーブルか相当品(HarTalkケーブルなど)を探していたのですがなかなか見つかりません。最近F6の中古を入手したので、F6用のMV-1データリーダを調べてみたところF5,F100にもつかえるようです。インターフェイスはMC-33と同じなんでしょうね。というわけで早速入手しました。
 MC-33経由ですとファンクションの設定をきめ細かに行なったり、カメラをリモートコントロールできるのですが、残念ながらこのあたりはスペックダウンしているようです。結局出来るのはカメラの撮影データを読み取ることだけのようです。一応modesetのホルダーに指令データを放り込むと記録するしないとかどんなデータを記録できるかを変更できるようです。
 F100は初期値がデータを記録しないようになっているので、詳細情報を記録で上書きせずに設定しました。F5の情報を読み出してみると、私の分も含めて363本撮影済みでした。ずいぶん使い込んでいるようですね。から撮りを考慮すると15,000回ぐらいシャッターを切っているようなので、F100ならもう衝天しちゃっているでしょうね。F6の耐久性は15万回なのでF5はこれより落ちると思うのですがまだ大丈夫なんでしょう。
 ところで、F6ですけどフィルムは10本しか撮ってないようです。カメラもとてもきれいなんですけど、製造番号が0013xxxなので初期障害修正のファームアップが必要です。適用済なんでしょうかね・・・。と不安になってきましたね。9本目のデータを見ると80-200mmのズームの撮影時の焦点距離が280mmになっているのを発見してしまいました。このカメラも初期障害で返却になるのかなと、悪い予感がしてきました。今のところ未現像ですけど私が撮影している分では問題は発生していません。これがNGだとニコンのカメラを6台購入して4台が不良品ということになってしまいます。カメラは統べて中古ですけど、スキャナは新品で2台購入しましたが、そのうち一台は障害で修理に出しました。これだけたたられるとニコンの製品の信頼性を疑ってしまいますね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック