Ektar 100トライアル@赤エルマー+ライカⅢf2009/03/10 19:03

Ektar 100トライアル@赤エルマー+ライカⅢf
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

Ektar 100トライアル@赤エルマー+ライカⅢf
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 コダックのエクターを使ってみました。最近はリバーサルを中心に撮影を行おうかなと思っていたのですが、これ悪くないですね。フィルム代、現像代とも普通のネガカラーより高いのですが、仕上がりはご覧のとおり上々だと思います。まー、リバーサルのほうがもう少し透明感の有る仕上がりになるようですが、あまり天気の良くない条件でも重厚な雰囲気で映ったりするので、すてがたいものがあります。理屈を言えば、私の場合ほとんどスキャンした画像をモニターで見るだけなので、スライドで透過光を使って映し出すために開発されたリバーサルのほうが向いているはずです。ブラウン管、液晶にかかわらずモニターはステンドグラスのように透過光で映像を映し出すので、印画紙に焼き付けるために開発されたネガカラーよりリバーサルのほうが向いていると考えるのがしぜんでしょうね。それでもコストパフォーマンスを考えるとエクターも良い選択肢の一つだと思います。
 以下の写真、最初のものはエルマー用ヌーキーを使って接写したものです。接写用のレンズとしては最近アルパ用のマクロスイターも手に入れましたので、そのうち色々と撮ってみたいと思っています。

↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 

↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 

↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)