玉子の土鍋焼@大連博覧大酒店2008/12/22 19:46

玉子の土鍋焼@大連博覧大酒店
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 トップの写真は大連で食した沙鍋頂蛋(玉子の土鍋焼)です。これに似た料理では山西省の名菜である鉄鍋蛋がありますが、作り方はどう見ても土鍋のほうが難しそうです。写真で見るとオーブンに入れて焼いているようなので、土鍋だとへたすると割れてしまいそうですね。東京の東北料理の店のコックに聞いたら私には作れませんといっていました。
 水餃子、魚鱗蝦なども食しましたが、いずれもあっさりして脂っこいものがだめな日本人の口にも合いそうです。それから紹興酒を使っていますが蝦の鬼殻焼のような香りがどこかの席から漂ってきたので、ちょっと驚かされました。中国料理というと白灼蝦などが代表的な蝦料理ですが、これは湯通した蝦をたれにつけて食べるものです。蝦の殻を焼いた香りを楽しむ料理はお目にかかったことがありません。大連の料理には日本料理の影響が結構あるような気がいたします。

↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

水餃子
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

魚鱗蝦
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

沙鍋頂蛋
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)