橋頭火鍋@重慶2008/12/06 13:35

橋頭火鍋@重慶
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

店内風景
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

鴛鴦火鍋
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

 重慶の橋頭火鍋での写真です。火鍋といえば重慶が有名です。写真の鍋底(鍋にスープを張った状態のもの)は二種類のスープ、辛い紅湯と辛くない清湯からなっていて、同時に二つの味を楽しむことが出来ます。こういったものを鴛鴦(おしどり)火鍋と呼びます。私たちが重慶に行った当寺はこの店が一番と言われていましたが、こういったものは流行り廃りがあるので現在ではまた別な店が流行っているのだと思います。
 鍋の具財としては鶏の血なんかが美味しいのですが、残念ながらこのときは没有でありました。その代わり、下の写真の最初のものの下のほうに写っている豚の脳みそが大変美味でありました。以前、成都で食した時は今屠殺したばかりの豚から取り出したところといった風情の血だらけの物が出てきて一瞬引いてしまったことがあります。

豚の脳味噌、きのこなど
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

店内風景
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

店内風景
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

橋頭火鍋看板
↑:クリックで拡大します。(Copy Right@ゴミ屋敷主人)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック